MENU

日々の積み重ね

電卓

反復学習が重要になる

公認会計士の資格は、専門学校や大学に行っていれば取得できるような資格では無く、日々一つでも多くの問題を勉強し、その勉強を積み重ねていかなければ取得することができない、非常に難易度の高い資格である。公認会計士は筆記試験に合格してすぐに公認会計士と名乗れる資格ではなく、筆記試験合格後、決められた年数の実務生期間が必要となる。そのため、他業種から転職する際には、資格取得のための勉強とと実務経験という2つの大きな壁を乗り越えなければいけない。公認会計士の資格取得のために行う勉強の範囲は、非常に幅広く、一つ一つ問題の難易度が非常に高い。そのため、学生時代からテキストや問題集を繰り返し繰り返し反復学習する方法が有効である。また、社会人の方であれば、個人で勉強しているとどうしてもなかなか集中できない人など多様な人がいて当然である。そのため、自分の性格に合った勉強方法を実践すべきである。勉強方法の選択肢の一つとして、専門のスクール、資格取得に特化した専門学校の利用という方法がある。公認会計士の取得について、先生が個別に指導してくれるので、個人での学習よりも理解度を深くすることが可能である。ただし、講座等の受講費用が必要にんなるので、お金を掛けたくない人にとっては、不向きな勉強スタイルである。公認会計士であれ、税理士であれ、どのような資格の取得を目指した場合においても、本人のモチベーションが一番重要であり、ただただ勉強しても自分の中に知識としては定着しないので高いモチベーションを持つことが一番重要である。