MENU

これだけは備えるべき事

グラフ

公認会計士は難関資格なのでスクールを活用する受験生が大半です。しかし誰もがスクールに通える所に住んでいるわけではありません。そこでスクール生と勉強の差をつけられない様に通信制スクールを活用する方法があります。

詳しく見る

勉強しやすい学校

勉強道具

通信制の専門学校には、通学制にはない特徴や利点が数多くあります。費用が安く自分自身のペースで学習しやすいため、社会人や主婦にも通信制の専門学校は活用しやすいです。また、付近に専門学校がない土地に住んでいても、通信制なら全国各地の学校から選ぶことができます。

詳しく見る

日々の積み重ね

電卓

公認会計士の資格を取得するために勉強の内容は非常に難しいものであり、しっかり知識として身に付けようと思った場合、一番重要なのはただ番強するのではなく、高いモチベーションを維持して内容の濃い勉強を行う事である。

詳しく見る

将来性のある進路

女性

将来性が期待できるIT企業への就職を目指している高校生の間では、カリキュラムが充実している情報通信系の専門学校が評判です。就職に役立つ資格が取得できる点も魅力的ですが、企業との連携を通じて実践的な内容も学べることが、高校生に支持されている一番の要因です。

詳しく見る

専門学校か通信講座か

計算

公認会計士の勉強は専門学校に通うか、通信講座を受講するかという形になります。その方が資格を取得しやすいからです。通信講座は最近とても人気があります。勉強する場所も時間も自由に選べるからです。勉強しやすい方を選択しましょう。

詳しく見る

通う必要が無いのが魅力

男の人

自分を管理できるかが問題

専門学校で学ぶには基本的に通う必要がありますが、通わずに学べるのが通信制の専門学校です。通いたくても事情で通えない方や、社会人として働いている方などには向いている学び方と言えます。通わずに自宅で学べる通信制専門学校にはメリットとデメリットがあり、検討する際には、自分にとって学び方として最善であるかを判断する必要があります。通信制専門学校のメリットは時間を自由に使える事です。通信制の学び方は与えられた課題をレポートで提出する学習法となる為、アルバイトしたり、遊んだり、勉強したりと自分の自由なスタイルで学ぶ事が可能です。また、学費が安い事も魅力で、昼間通学の半分以下程度の学費で済むと思われ、経済的な負担も少なく済ませる事が出来ます。逆にデメリットなる点もあります。通信制専門学校での学びは全て自主性で行われる為、自分を管理できないとメリットであるはず自由がデメリットになってしまう事になります。この様な状態になるとレポートの提出期限に遅れたり、何時までも資格が取れないなど、目標とずれた方向に進んでしまうことが考えられます。また、通信制は通う必要が無い為、他の生徒と顔お合わせる事がほとんどありません。その為、他の生徒から影響を受ける事も与える事もないので、何時もテンションが変わりません。良く言えば、人に影響されずにマイペースで学べるとも言えますが、技術を習得する様な場合、時には人から影響を受けて互いに切磋琢磨する事も大切です。この様に、通信制専門学校で学ぶことにはメリットとデメリットがありますが、時分にとってどちらのウエイトが高いのか良く判断する必要があります。